« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月27日 (火)

月曜男190 大道芸ワールドカップ静岡2009 3分18秒

 今年も静岡市で開催される、「大道芸ワールドカップ」。街中で繰り広げられるこの祭り、どうやって楽しむの?月曜男がご案内します。

 やぁ。(毛はえは、無理??)毎年続いている、静岡市からの大発表。「大道芸ワールドカップ」、今年で18回目になります。すごいですね。世界各国から一流のジャグラーやパフォーマーが集結します。街中のそこかしこに人の輪ができ、通りは祭りの時並みに大混雑・・・ではないのです。街中の10箇所以上でパフォーマンスをしていますが、その間の通りは自由に通行できます。人の輪を見つけて後ろから見る場合、人垣見えずらい・・・でも方法はあるのです。「潜望鏡」、「脚立」人垣で見にくい時にはこれに乗ればいいのです。高い所からよく見えます。脚立を持っている人はたくさんいます。みんな電車の中も脚立を肩にかけて静岡までやってきます。ただ、落ちないように気をつけましょう。また受付や案内所によっては手話のできる方もいます。大道芸のスケジュールなどが載っているガイドブックも500円で売っています。誰がうまいか。ロープからつり下がる芸やパワー全開の組み体操、パントマイム、ジャグリング、等など、場所と時間を確認して30分前に行って待っているのです。芸が終わったら拍手をして立ち去るのではなく、投げ銭を100円から1000円ぐらいでしょうか、「気持ち」として入れるのがマナーです。よろしくお願いします。さぁ、10月31日から3日の火曜日まで、盛りだくさんの芸が楽しめます。ぜひ多くの方にお越しいただきたく存じます。お待ちしています。さようなら。

2009年10月19日 (月)

月曜男189 全国ろう高齢者大会 

 先日、静岡県伊豆市で全国ろう高齢者大会が開かれました。湯の街、「修善寺」に全国から約670名が集まり、大盛況のうちに終了しました。月曜男がお礼と共に報告いたします。

 こんにちわ。静岡県手話ニュースです。全国ろう高齢者大会が10月8日から11日、静岡県伊豆市で開かれました。映像をどうぞ。
 「よう、久しぶり、元気?」「どちらからお越しですか?」「俺は毎年の高齢者大会が楽しみで、来ると元気をもらうんだ」「すみませんが、おいくつ?50台?」「そんな、70だよ」「えっ、70!!動きを見れば50にしか見えません。私なんか47才で髪はなくなっていて、老けて見えちゃって。いや、これからは元気に。しかし、お元気な秘訣は?」「毎朝の散歩と体操、ゲートボール」「なるほどねぇ」。「こちらさんも久しぶり、和歌山からいらしたの?私の講演覚えていらっしゃいます?ありがとうございます」。「こちらも九州から。先日のろうあ者大会を覚えていた皆さんがいいらして、その節はありがとうございました」。
 10月8日は9の分科会に分かれて、悩みの交流や活発な意見交換を行いました。夜はお互いの親睦を深める交流会。珍しいジャグリングなども見て楽しみました。続いて10月9日は大会。そして午後はアトラクション。オープニングの太鼓の響きに酔い、チアガールのダンスに感激。続いて月曜男は短時間の語り、3本。そして静岡県聴覚障害者協会の劇。先日、見た着物を着た四人組。全部で15名ぐらい出て、熱海の金色夜叉、寛一お宮で有名ですよね。あれをモチーフにして「ろう金色夜叉」。ろうあの要素を盛り込んだ劇にして、大反響でした。その後月曜男と突然男の対決。そしてプロの太鼓奏者の演奏、と続きました。お帰りの際には先ほどの役者達がお見送りをして、写真に収まったりしていました。カツラをとれば「えっ、男なの」化粧も厚くしていて、見事なものでした。ご苦労様でした。11日は皆さん一生懸命にゲートボールなどの競技を行い、結果は日聴紙に後日載ることでしょう。
 本当に全国各地から多数お集まりいただき、8日は台風の接近で気が気でなかったのです。飛行機や新幹線のダイヤは・・・。しかし無事開催でき、670名ほど集まりました。参加された皆さん、実行委員役員のご協力で大成功となりました。本当にありがとうございました。
 続いて、大切なお話があります。昨年、「大笑い手話漫談」を開催しましたが、来年も10月11日に開きます。覚えておいてよ。場所は立派なところで、前の人の影で見えないようなことはありません。椅子にもゆったり座れて、大きく映像も写しますので、よく見ることができます。詳細は後日お伝えしますが、とにかく10月11日は予定をあけておいて下さい。時間となりましたので、この辺で。

2009年10月13日 (火)

月曜男188 子どもは何回もビデオを見ます 2分2秒

 子どもも大人もビデオやDVDを見ることが生活の一部になっていますね。でも子どもと大人では見方が違うようです。月曜男の子どもの場合は・・・。

  こんにちわ。〈ビデオアップ〉今の子ども達はいろいろなビデオを見ます。大人の場合、一つのビデオを一度見ればそれでおしまい。二度見ることはあまりありません。でも子どもは同じビデオを五回も六回も繰り返し見ても平気です。私の息子も小さいとき、ウルトラマンのビデオを借りてくると一日中、何回も繰り返して見ていました。飽きないかと言えば、音、怪獣の音やウルトラマンの音が気持ちいいのです。ビデオ中身もしっかり覚えています。怪獣の名前もすべて覚えています。ですから、夜息子と添い寝しているとき、本来なら親が子守歌など歌って子どもを寝かしつけるところですが、私のところは逆で、息子がウルトラマンの話をしてくれて、親が寝てしまったことを覚えています。妻は「だめじゃない、親が話をして息子を寝かさなきゃ」といますが、私には無理です。息子の話を聞きながら眠っていました。
 今では息子も大きくなり、話すことも「遊び回っていちゃだめ」といったことが多くなってきました。息子に「うるさい」とか言われ、言い過ぎたか、と反省したりしています。ようなら。

2009年10月 6日 (火)

月曜男187 会話のクセも人それぞれ 1分58秒

 手話で会話をする時も人には色々なクセがあります。また、手話を していて疲れる健聴者の皆さん。月曜男がとっておきの方法を伝授 いたします。

 こんにちわ。みなさん手話を使って会話をする際に相手と間をとって話しますよね。近すぎると変な感じです。が、そんなろう者がいるのです。話しをしていると段々近づいてきて、その近づいた分だけこちらが後ろにさがっていったりして。押し戻して話を続けると、また寄ってきて。いるんですよ。クセだから仕方ないですね。また、会話の時、視線が上の方にいったりする人。話しながら、こちらもその上の方に何があるのか見てみると何もなくて、これもクセです。または、視線が下にいく人。こちらも段々下を見ていって・・・やはりなにもない。個人個人でクセは色々です。また、ツバが出る人。顔にかけられて、こちらは拭き取らねばなりませんし。対処方法として、近づいてくるクセの人には、間に机が必要です。机をはさんでいれば近づいてくることは出来ませんよね。立っていると寄っていきかねませんから、座るのが一番です。さまざまな工夫がいります。また、表情や手話の仕草でメガネを飛ばしてしまったり、いろいろありますね。皆さん、手話は楽しく会話したいですね。健聴者の場合、手話で話しをしたあと疲れてストレッチをしたりして、指文字も慣れていなくて・・・大丈夫、これから慣れてくれば簡単に出来ますから。特に手話を表す際、脇の下を締めて表すと疲れます。リラックスして脇を締めない方が疲れません。私の理容の基本も肘を上げて、カットしていく方が疲れないのです。脇を締めたカットしたら疲れるでしょうね。手話表現の時はリラックスしてやってみましょう。さようなら。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツを貼るリスト名

  • アクセス解析

    ジオターゲティング
無料ブログはココログ