« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

月曜男157 ペットボトルにご注意 1分27秒

 便利なペットボトル。でも気を抜くととんだ失敗をしてしまいます。皆さんもご注意あれ。

 よっ、セーフ。もう一度、よっ、グッドだ。一口飲んで・・・うまい。あっ、私を呼んでいる。いそいで行かなきゃ。あっちでも呼んでいる。と、走り回って、全部終わった。やれやれ。・・・しばらくして、アレッ??ズボンがベショベショだ。足まで濡れているけれど臭くない。おかしいなぁ、何だろう???・・・あっ、これだ、ペットボトルだ。さっき走り回っているうちにポケットの中のペットボトルが逆さまになっちゃって、ふたの閉め方が甘かったものでお茶が出てきてズボンを濡らしちゃったんだ。しまった!!これカバンでも同じです。ペットボトルの飲みかけをカバンの中に入れて歩きまわって、後でカバンを開けると大事な会議のレポートが全部パーに。グショグショに。特にパソコンで打ってプリントアウトしたものはインクが全部にじんじゃってます。大切な会議の前にドライヤーを借りてきて一生懸命あおったりして。会議の時に紙が丸まってきたりもして、みんなにお詫びをしないとなりません。みなさん、ペットボトルのふたはしっかり閉めるように気をつけて下さい。さようならぁ。

2009年3月25日 (水)

月曜男156 静岡新聞に紹介されました 3分58秒

 月曜男が静岡新聞の3月22日付け朝刊に大きく紹介されました。皆さん応援ありがとうございます。  新聞記事を紹介した当センターブログ(3月24日のブログ記事です)

 どうぞ、いらっしゃい。どんな髪型になさいますか?短く?わかりました。・・・あっ、すみません。少しお待ち下さい・・・(携帯電話を見て)・・・すみませんでした・・あっまた、すみません・・・「どうしたの?メールが何回もきて」・・・実は・・・(新聞を見せる)・・・「すごいじゃない、おめでとう」。こんな感じで30分間はメールの嵐で仕事が進みませんでした。静岡県内の下田市から湖西市の太田さん、あのサーフィンショップの彼ですが、彼からも、また三ヶ日からも。すごかったです。「おめでとうメール」、ありがとうございました。静岡新聞社にも載せていただき、お礼申し上げます。

 さて、月曜男の或るファンの方からおもしろい話題をいただきました。ご紹介しますね。「コートから○○を作った話」。使用済みのペットボトルをリサイクルして、コートが作れますよね。あれと似たような話しです。最初に、結婚前に彼女から最高級の『コート』をプレゼントしてもらいました。喜んできていましたが、5年後には裾があちこちがほころんできました。彼女に、どうしよう?と言うと、彼女は「大丈夫、大丈夫」と言ってコートを短く切りました。『ジャケット』として使えます。そして5年後、袖口がほころんできます。どうしよう?「大丈夫」。今度は袖を切ります。いい『ベスト』になりました。そして、また5年後、また裾がほころんできます。どうしよう?これ以上短くなったら腹が出ちゃうし、恥ずかしくて着れないよ。「大丈夫」。そして作り替えたものを見て感心しました。かっこいい『帽子』だったのです。ありがとう。その帽子も愛用していて5年たちましたら、またまたボロに。「大丈夫!」作り替えられるの?もしかしたらパンツ?「違う、違う、大丈夫」、と作ってくれたのが『蝶ネクタイ』。これも最高じゃん。そしてまた5年。これもボロボロに。さすがに捨てようか?「まだまだ」。えっ、まだ作れる?できたものは『くるみボタン』。25年たって私も年をとりましたが、くるみボタンに姿を変えてコートは生きています。感動です。よいお話しをいただきました。しかし、30年たったら何に変えられるでしょうか?皆さん考えてみて、よいものがありましたら教えて下さい。ではまた、さようなら。。

2009年3月18日 (水)

月曜男155 和歌山の皆さん、ありがとうございました 2分53秒

 みみの日の企画で読んでいただいた和歌山の皆様、ありがとうございました。月曜男はとても楽しんだようです。また、和歌山のラー メンでは新しい発見もあったようで、いつか話題にしますよ。

 かんぱぁぃ♪いゃぁ、美味い。あれ??これは和歌山県の手話劇団の皆さんが作ったものです。私が「欲しいよ」と言ったら「いいよ」とくれました。嬉しかったです。大事にしますね。

  さて、和歌山のみなさぁん、みなさぁぁん。エイ、シュワー。なんて、すみません。二回目ですね。見ました?月曜男はアホなものですから、失礼しました。改めまして、和歌山の皆さん、みみの日記念の集いにたくさんお越し下さいまして、私も講演だけでなく、大勢の方々にお会いすることができました。この「月曜男名刺」も希望が多くて、たくさん持っていったものの、残りは少しでした。健聴の皆さんも手話がわからないところがあっても一生懸命読みとり、ろうあ者もご覧いただき楽しめましたでしょうか。講演のあとも実行委員の皆さんは訳がわからなくなった私を引っ張って、色々連れて行っていただきました。皆さん、本当にありがとうございました。

 その後、和歌山県聴覚障害者情報センターにもブログがあるのですが、そこへおじゃましまして、手話語りをしました。本当は2本の予定でしたが、色々しゃべったら6本になりました。この静岡のブログは新作を水曜に出していますが、木曜には和歌山のブログが更新される予定です。また、皆さんご覧下さい。和歌山の皆さん楽しんで、おかしすぎて飲み物を吹き出してしまってもよいですよ。楽しんで下さい。また、いつの日か機会がありましたらお会いしましょう。さようなら。

2009年3月14日 (土)

全国ろう者将棋大会の様子 3分16秒

 2月7日8日と静岡市で開催された「第9回全国ろう者将棋大会」。大会の様子を動画でご覧下さい。

2009年3月11日 (水)

月曜男154 手話奉仕員養成講座 3分33秒

 手話奉仕員養成講座。その最後には手話劇の作成があります。月曜 男の関わっている講座では、なかなか感激する手話劇となったよう です。

 みなさん、こんにちわ。全国どこでも手話奉仕員入門過程が終わると、続いて基礎過程ですね。最初のうちは簡単、「お父さん」「息子」「高い」「低い」「見る」・・・なんて続けてくると文章になります。16講座あたりから難しいですねぇ。「もう私には無理だぁ」と言われるのを「いゃ、大丈夫」なんて言いながら教えますが、とにかく目標を定めて、「身体の向き」とか「視線」とか。手話の表現の細かいミスは目をつぶって教えます。次に「力の強弱」や「体勢」などと、順々に進めていき、最後26講座27講座は手話劇になります。受講者の皆さんに考えていただくわけですが、普通は「桃太郎」とかの話しになります。私の地元で教えていた講座でも手話劇はグループに分かれて受講者にお任せしました。そして発表。私たちも審査員として劇を見ます。

 劇の一つ目は「桃太郎」ならぬ「熊太郎」。おもしろい劇をやってくれました。桃でなく大きな鮭(シャケ)をとってきてさばいてみるとお腹の中から出てきたのが「熊太郎」。熊太郎が成長していく劇でしたがおもしろかったです。続いて、「桃太郎」・・・ですが、鬼退治をしたあと悩んでいるのです。えっ?何それ?と見ていますと、おじいさんとおばあさんが苦しい生活の中で育ててくれたお礼に宝物を二人にあげると、リッチな生活になり、畑仕事もやめて飲んで遊び回る生活に。桃太郎はそれを見て心を痛めます。昔のような生活がよかった。今ではおじいさんおばあさんは旅行三昧の暮らしです。そうだ、宝を鬼ヶ島に返そう。持っていくと、鬼達は「いりません、昔は贅沢な生活をしていましたが、戦に負けてから畑を耕し、本当に幸せな生活になっています」・・・桃太郎は考えます。おじいさんおばあさんも交えて相談し、宝は埋めてしまって、鬼達と畑を耕しながら生活をしていく・・・と、幕になります。私たち審査員はみな感動しました。立派なものです。受講者から出されたアイデアはどれもどれもおもしろかったのです。これから手話通訳者養成講座へ進み、また手話サークル活動などで関わっていくことを期待しています。全国の皆さんも伸びていくことを期待しています。さようならぁ。

2009年3月 4日 (水)

月曜男153 東京の満員電車 2分9秒

 東京の満員電車は殺人的ですね。久しぶりに月曜男が東京に行きま した。以前の失敗に懲りていましたが、東京のJRは進化していま した。

 

 シュッポ、シュッポ・・・あっ、前は半袖でしたね。今回は長袖。寒いですから、これがいいですね。これからも色々試して着てみますから、欲しければ注文できますよ。

 さて、私は先日、東京へ行きました。昔と今とでは電車の中も大きく様変わりしていました。電車は昔から殺人的に混んでいましたよね。車内で「次の駅で下車するからドアの近くにいよう」なんて考えていたら、駅では反対側のドアが開いたりして、降りる間もなく、乗ってくる人波に押されて降りられなかったり。「じゃっ次で降りて」と考えていたら、また反対側が開いて、またまた降りられず・・・。全く困ったものです。先日東京へ行きましたら、電車は相変わらず混雑しています。昔の失敗した記憶がありますので、どうしたものかと思っていましたら、ドアの上のところに表示が出るのです。「次の駅では反対側のドアが開きます」と。これは便利です。健聴者なら車内放送を聞いてわかるでしょうが、私たちろうあ者は次の駅は表示でわかって安心できますが、降りるまで心配なのです。どっちのドアが開くか・・・。でもその表示を見て安心して降りることができました。本当に便利です。静岡県ではまだまだです。東京のような混雑はありませんし、いくら混んでいても開いたドアからなんとか降りられます。やっぱり東京はすごいです。混雑していても表示のお陰でありがたいです。JR東日本、ありがとう。これからもろうあ者に色々な情報・・・事故とか遅れとか・・・を入れ込んで知らせるマニュアルを作ってもらいたいなぁ。さいなら。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツを貼るリスト名

  • アクセス解析

    ジオターゲティング
無料ブログはココログ