« 月曜男155 和歌山の皆さん、ありがとうございました 2分53秒 | トップページ | 月曜男157 ペットボトルにご注意 1分27秒 »

2009年3月25日 (水)

月曜男156 静岡新聞に紹介されました 3分58秒

 月曜男が静岡新聞の3月22日付け朝刊に大きく紹介されました。皆さん応援ありがとうございます。  新聞記事を紹介した当センターブログ(3月24日のブログ記事です)

 どうぞ、いらっしゃい。どんな髪型になさいますか?短く?わかりました。・・・あっ、すみません。少しお待ち下さい・・・(携帯電話を見て)・・・すみませんでした・・あっまた、すみません・・・「どうしたの?メールが何回もきて」・・・実は・・・(新聞を見せる)・・・「すごいじゃない、おめでとう」。こんな感じで30分間はメールの嵐で仕事が進みませんでした。静岡県内の下田市から湖西市の太田さん、あのサーフィンショップの彼ですが、彼からも、また三ヶ日からも。すごかったです。「おめでとうメール」、ありがとうございました。静岡新聞社にも載せていただき、お礼申し上げます。

 さて、月曜男の或るファンの方からおもしろい話題をいただきました。ご紹介しますね。「コートから○○を作った話」。使用済みのペットボトルをリサイクルして、コートが作れますよね。あれと似たような話しです。最初に、結婚前に彼女から最高級の『コート』をプレゼントしてもらいました。喜んできていましたが、5年後には裾があちこちがほころんできました。彼女に、どうしよう?と言うと、彼女は「大丈夫、大丈夫」と言ってコートを短く切りました。『ジャケット』として使えます。そして5年後、袖口がほころんできます。どうしよう?「大丈夫」。今度は袖を切ります。いい『ベスト』になりました。そして、また5年後、また裾がほころんできます。どうしよう?これ以上短くなったら腹が出ちゃうし、恥ずかしくて着れないよ。「大丈夫」。そして作り替えたものを見て感心しました。かっこいい『帽子』だったのです。ありがとう。その帽子も愛用していて5年たちましたら、またまたボロに。「大丈夫!」作り替えられるの?もしかしたらパンツ?「違う、違う、大丈夫」、と作ってくれたのが『蝶ネクタイ』。これも最高じゃん。そしてまた5年。これもボロボロに。さすがに捨てようか?「まだまだ」。えっ、まだ作れる?できたものは『くるみボタン』。25年たって私も年をとりましたが、くるみボタンに姿を変えてコートは生きています。感動です。よいお話しをいただきました。しかし、30年たったら何に変えられるでしょうか?皆さん考えてみて、よいものがありましたら教えて下さい。ではまた、さようなら。。

« 月曜男155 和歌山の皆さん、ありがとうございました 2分53秒 | トップページ | 月曜男157 ペットボトルにご注意 1分27秒 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103551/28794334

この記事へのトラックバック一覧です: 月曜男156 静岡新聞に紹介されました 3分58秒:

« 月曜男155 和歌山の皆さん、ありがとうございました 2分53秒 | トップページ | 月曜男157 ペットボトルにご注意 1分27秒 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツを貼るリスト名

  • アクセス解析

    ジオターゲティング
無料ブログはココログ