« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月28日 (水)

月曜男148 懐かしい薪のお風呂 2分49秒

 寒い季節にはお風呂が恋しいですね。薪でたいたお風呂には暖かさにも、合わせて不便さにも特別の感慨があります。そんな体験を月曜男が語ります。

 お風呂に入ったあとは身体が気持ちいいですね。今ではどこの家でも便利になりました。ボタン一つで自動でお湯を沸かしてくれます。それに入ればいいわけですから。私には昔の実家の想い出があります。何かといいますと、風呂桶を洗って水を張ります。その水も水道じゃなくて山から引いています。それを出して風呂桶に貯めます。そして「薪」は事前に割あるのですが、その中の細いものを集めて新聞紙で火をつけます。あおいで風を送ると着火がスムーズにいきます。失敗するともう大変。煙が出て煙突はあるのですが、家中煙が充満してしまいます。自分の部屋も煙だらけになってしまいますので注意が必要です。燃やすには技術が必要で、火がついたら細い薪をくべ続け、火が大きくなるにつれて太い薪をくべていきます。そして、15分ぐらい待ちます。その後時々薪を追加します。放っておくと自然に消えてしまいます。「しまった、消えちゃった」と思っても燃え残りがあればもう一度点火できます。

 そして、風呂のふたを取れば湯気が立ち上ります。お湯に手を入れて熱くても慌てて水を入れてはいけません。そんな時は手桶でもって風呂をかき回します。それは、風呂の上の部分は熱いお湯ですが、下の方は水だったりしますので、かき回すことによって温度がちょうどよくなるのです。それから入れば快適ですし、あがってからも肌は赤みを帯びてとても気持ちがいいのです。現在のボタン一つで沸かすお湯とは「味」が違います。ただ、不便なのは夜に手話サークルなどで11時頃遅く帰ると冷たくなっています。仕方ない、30分ぐらいかけてまた火をおこします。その間は待たなくてはなりません。また、バイクなどでは指がかじかんで体温が下がっています。そんな時にすぐお湯につけてはいけません。しばらく待って体温が上がってからお風呂にはいるのです。懐かしいよい想い出です。今はなくなってしまいましたね。もしあなたの家が薪のお風呂なら厚かましくおじゃましてお風呂に入らせてもらいたい、と思っています。さようなら。

2009年1月21日 (水)

月曜男147 インフルエンザ 3分19秒

 月曜男が久しぶりにインフルエンザにかかりました。家で安静にしていなければならず、大変でしたが、嬉しい発見もあったようです。今回から番号を振ります。「147」は月曜男が出演しているコンテンツ全ての通し番号です。

 ども。私は先日インフルエンザにかかってしまい、高熱が出て四日間高どまった体温のままでいました。インフルエンザはきちっと病院へ行って、「インフルエンザです」と診断を受けたら、人にうつす恐れがあるので、先ずお店を閉めて、手話講習会や全国の理容大会も楽しみにしていたのですが、それも止めて自分の家にこもっていました。薬は、珍しいのですよ。「タミフル」が今まで普通に使われていた薬ですが、最近では「リレンザ」という薬です。このケースの使い方がまたびっくり。ケースの薬を入れてから飲み方は、息を吸いながらケースを口に当てて吸い込みます。薬局で説明を受けていたときに話がなかなか通じませんでしたが、店員が「息を吐いて、吸って」と実演してくれてわかりました。薬の粉が少なくても大丈なのです。薬を一日二回飲んでいたら熱も段々と下がってきて、効果が出てきて、私も安心しました。今やっと体調も回復です。しかし、インフルエンザなんて私も20年ぶりです。自分で反省しました。手洗い、うがい、寝不足防止や、いろいろ出かけて人と会っているとうつされるかもしれません。ですから帰宅すると必ず、手洗い、洗顔、うがいをして、食事もよく食べて十分睡眠をとっていれば大丈夫、予防できます。この間、私が一番驚いたというか、感動したのは、私は毎週土曜日は仕事をしています。インフルエンザのために仕事を休んで部屋を閉め切って寝て見ていましたら、カミさんが私の看病や家事・子どもの世話、ととても忙しく動き回っています。それを見ていて、主婦はすばらしいなぁ、と感動して幸せを感じていました。皆さん、インフルエンザかこれから流行した時、自分で先ず予防、そして早期発見が大切です。気をつけて下さい。では、さようなら。

2009年1月14日 (水)

月曜男146 厳寒期のバイク運転 2分22秒

 一年で一番寒い季節となりました。そんな寒い時期でも月曜男はオートバイで走っています。そこには色々な工夫もあるようです。

 ブーン、よぉ。(ヘルメットをとって)本当に寒い。静岡市街では年間を通じても雪が降ることは少ないです。少しつもってもすぐに溶けてしまいます。ライダーにとっては幸せです。でも寒い。ヘルメットはフルフェイスがいいのです。でも赤信号で止まると自分の吐く息で風防が曇ってきます。そんな時は風防を開けておけば青信号でスタートした時に自動的に閉まってくれます。

 さて、ヘルメットにも色々な形があります。(ヘルメットをかぶって)このような形のヘルメットでは風が冷たくて、涙や鼻水が出ちゃいます。セーターなどで顔を覆っていればOK。でも雨が降ってきたらダメです。ぐしょぐしょに濡れてしまいます。ですから、フルフェイスのヘルメットがいいのです。でも、ヘルメットで100%安心、ではありません。顔を打ったときにはいいかもしれませんが、身体を打ったりすれば、骨折もしてしまいます。十分注意が必要です。

 私は実家が静岡市街から離れた山の方で、通っていると参っちゃうことがありました。それは、夜に手話サークルが終わって「さようなら」と街で仲間と別れて寒い中、手袋をしてバイクで山越えで走っていくと・・・手がかじかんでしまいます。足でのギアチェンジもスローモーで、カーブのブレーキング動作もゆっくりになっちゃいます。そんな時は、どうすればいいか。停止しているときにエンジンをさわって手を暖めます。家に着けばうんと寒いし、そんな繰り返しでした。とにかく皆さん、気をつけましょうね。さようなら。

2009年1月 6日 (火)

月曜男145 2009年頭のご挨拶 3分34秒

 今年も年始めから、いくつかの話題でしゃべります。一年間、よろしくお願いします。

 あけまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 皆さん、お正月の挨拶ですが、ろうあ者と健聴者ではやり方が違うのですね。ろうあ者の場合は「(手話で)あけましておめでとう、今年もよろしく」。健聴者の場合は、お互いにお辞儀の応酬で、私なんか見ていてもさっぱりわかりません。数を数えながらお辞儀をして「まだかなぁ」「どこで終わればいいんだろう」なんて思ってしまいます。難しいですね。

 さて、新年にかわる12月31日の深夜0時前に神社ではすごい人混みですよね。そこについてお話しをしましょう。以前、2006年6月6日に「全国ろうあ者大会」で「迷子」についてのネタでお話したものと同じ話しになります。親戚なども集まって、私も寒いから帽子をかぶって行こうとすると、「いやいや、帽子がない方がいい」と言われます。どうして??「とにかくない行けばわかる」などと話しをしてお参りに。そのうち、子どもも消えちゃって、親戚ともはぐれて、どこへ行ったんだ??見渡しても人波で全然わかりません。携帯で「どこにいる」とメールをすると、返信があちこちからあり、「待ってろ」「待ってろ」とのこと。待つっていったって、お宮の建物のそばで待つのか、通りのかどで待つのか、そんなの全く関係なし。ただ、「待ってろ」だけです。仕方なく、人波の中で立って待つことに。そうすると、みんな集まってきます。聞くと、「帽子をしているとわからない。帽子がないと、あそこだ頭が光っている」とわかるのです。私一人がはぐれても、みんなからは「あそこにいる」と見てわかります。が私一人ははぐれてしまって心配して、気になるのです。そうなのか・・・・来年も帽子なしで・・・でも寒いのです。この頭では。

 また、友だちと会いますと、よう、「MIMI(みみ)」に載っていたね、と言われます。「よかったね」、ありがとう。「53才なんだね」、えっ?53・・・。色々と調べましたら、私が静岡県聴覚障害者協会事務局で話しをした際に、行き違いがあったのです。改めて訂正して発表いたします。・・・訂正表の提示・・・。全日本ろうあ連盟「MIMI」編集部の担当の方が「自分のミスです、申し訳ございませんでした」、とのことで、全国の皆さん、53才ではありません。46才にペンで書き直して下さい。これからも一年間、大笑いの話しを頑張ります。では、さようなら。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツを貼るリスト名

  • アクセス解析

    ジオターゲティング
無料ブログはココログ