« 月曜男137 服のお話し 2分15秒 | トップページ | 月曜男138 講演は暑い?熱い? 2分19秒 »

2008年11月 9日 (日)

映画「ゆずり葉」を語る その4 2分33秒

 池中氏へのインタビューの三回目。語りものってきました。

・ ロケや撮影の時のはどのような様子でしたか

 撮影時の話をします。実はオーディション合格の通知が届いた後、とても驚き、「本当に私がやっていいのか」と思いましたが、覚悟を決めました。撮影に行く前は演技の難しさがよく分からず、自分として甘い面もありました。いざ撮影が始まると本当に難しいのです。自分が考えて演じる演技と撮影用の演技はまったく違うのです。自分で考えて演じるなら自分なりでいいのですが、撮影の時は指示の通り表情も細かく変えて演じなければなりません。両者は、全く質が違うのです。本当に難しかったです。練習し、何度もやり直して1カットに10テイクほど費やすこともありました。イライラする気持ちもこみ上げてきましたが、それをぐっとこらえ、繰り返し演じました。そこで改めて演技の難しさを知ることになりました。

 早瀬さんのやり方は演技を見て「まぁこれくらいでいいだろう」という気持ちでOKは出しません。自分が心から納得するまで何度も求めてきます。私もそれに応えようと何度も努力しミスも繰り返しましたが、ようやく最後にOKをいただきホッとしました。そういったシーンが何度もあり本当に大変でした。また、1番苦しかったのは涙を出すときでした。涙を流すシーンを一発で撮りたいと言われ、昔の亡き母との思い出を頭に浮かべて涙を流しOKをもらったのに、同じシーンに登場していた別の役者が何かミスをしたため、もう一度撮りなおすはめになりました。えっ!!もう涙がないよ、涙も渇ききっちゃったよ・・・。それで2回3回と同じ涙を流すのにはとても苦労しましたが、何とか感情移入をしてようやく6回目だったか7回目だったかのテイクでOKをもらいました。それが一番きびしく、難しかった場面でした。以上、私が経験したことです。 わかります??

« 月曜男137 服のお話し 2分15秒 | トップページ | 月曜男138 講演は暑い?熱い? 2分19秒 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103551/25162096

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ゆずり葉」を語る その4 2分33秒:

« 月曜男137 服のお話し 2分15秒 | トップページ | 月曜男138 講演は暑い?熱い? 2分19秒 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツを貼るリスト名

  • アクセス解析

    ジオターゲティング
無料ブログはココログ