« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月25日 (木)

月曜男130 ろうあ理容師連盟40周年大会 3分26秒

 全国ろうあ理容師連盟創立40周年記念大会が三島市で開かれます。月曜男が詳細をご紹介いたします。今からみなさま、予定をあけておいて・・・あっ、来年の話しですからね♪

 やぁ!!全国のろう理容師の皆さん、8月の暑い時にお仕事に励まれていますが、9月になり秋を感じ、温度が下がってくると、お客さんは短い髪では寒がるのでなかなかお店に来なくなりますね。それはさておき、お知らせです。昨年三島市で全国ろう理容大会を開催しましたよね。来年は、すごいんです。全国ろう理容連盟創立40周年記念・・・すごいですね。どこ?どこでやるの?幹部が協議しています。私たちは昨年三島でやったばかりだし、他の地域にお任せ~~♪とお気楽にしていたら、なんとまた三島に。「どうして・・・」。理事長の西島さんが「うん、やる!」とおっしゃれば私たちが「あそこで、むこうで」とは言えません。「はい、承知しました」従います。日時は・・・「2009年9月21日」。9月のそこは四連休です。そこでお店を休むのはもったいない。でもよく考えてみると5月の連休もお客さん来るかな、と思っているとヒマだったりしますよね。私も週末の土日は忙しいですが、旗日続きは意外とヒマですよね。ですからこの9月21日(月)の前後は大丈夫なので、お客様にしっかり周知をして「21日はお休ませてください」。それで全国から朝飛んできて夕方帰る・・・のは大変ですね。でも皆さん、是非たくさんお集まり下さい。そして、全国ろう理容連盟創立40周年記念大会記念講演などは協議していまして、昨年の三島市での大会で理容の専門用語の手話はどう表そうか、とか、手話通訳をお願いしたけど断られた、とか、討議が盛り上がりましたよね。その状況もふまえて、相応しい講師を考えて、全国手話研修センターの高田英一氏に講演をお願いすることができました。みなさん、理容の専門の言葉を手話でどうしようか集まって考えることもできます。今まで手話の本を見てもほとんど、「自動車」とか「病気」などの言葉ばかりで、ろうの理容師はたくさんいるのに理容に関する手話はバラバラですよね。なんとか手話を作って欲しい・・そこへ高田さんのすばらしいお話を聞いて、我々で「よし、やろう!」と力を合わせてやりましょう。それとは別に、来年の9月21日に向けて、今から貯金をしないとね。一気に全額出す、なんて大変ですから、今から一年間、毎月貯めていき、飛行機などで北海道から沖縄も・・いれば、ご参集いただけるようにお願いします。大丈夫、覚えた??よろしくお願いします。

2008年9月17日 (水)

月曜男129 レストランでの会話 1分20秒

 楽しいはずのレストランでの食事。でもいろんな事がありますね。

 あぁ、お腹すいた。友達に向かって、どこか食べに行こう、とみんなでお店へ向かいます。テーブルをはさんで3名ずつ座ります。私は3名のまん中に座って、注文を集めてお店の方に言います。私の両隣は女性が座っています。その二人の会話が盛り上がっています。私は両側から手話にはさまれて・・・ガマン、がまん。注文の品が来て食べている時も二人のおしゃべりは止みません。私は前かがみになって、背中越しに二人に話しをさせるか、逆に後ろへ反りかえって私の前で会話をさせるか、どちらがいいのかなぁぁ。我慢し続けていました。食べているあいだ中、両側から手話で話す手が出てきて、気になって仕方ありません。両側の女性たちはおしゃべりが止まりません。でも本当は我慢している私がバカなのです。おしゃべりをしている一人に、「ゴメン席をかわって」、と席を交替すればすむのです。でも私は我慢し続けて1時間も両側のおしゃべりにはさまれていました。おかげで私はおしゃべりができません。テーブルの反対側にきれいな女性が座っていたのに、残念。話しかけることもできませんでした。ダメだなぁ。次の時には気をつけて、是非席をかわってみましょう。さいなら。。。

2008年9月12日 (金)

するがの会手話劇「あなたが選ばれた時」ダイジェスト 9分21秒

 9月3日に行われた静岡市手話サークル「するがの会」の手話劇公演。劇は約30分ありましたが、10分程度にまとめたダイジェストです。

2008年9月10日 (水)

月曜男128 台風はいつ来るのがいい?? 1分35秒

 いよいよ台風シーズンです。台風が来るとしたらいつがいいのでしょうか。それぞれ意見があるようです。でも被害はいやですので穏やかに台風シーズンが過ぎることを願っております。

 おおっ、風が強い、傘が・・・飛ばされちゃう・・・。あっ、こんにちわ。台風のシーズンですね。毎朝テレビで天気予報を見ると青ざめます。台風が日本列島に近づいてきます。私の心配は何かというと、土日に台風が来るかどうか、ということ。それは、私は理容店をやっていますので、お客様がいらっしゃいます。ですから土日に台風が来ると、もうどうにもなりません。お客様は来ません。私はヒマで日がな一日雑誌を読んだり、台風の様子を眺めているだけです。これでは生活費が稼げません。どうしたらいいのかなぁ。逆に月曜から金曜までに台風が来るぶんには、全然かまいません。でも逆に息子や娘に言わせると困るんです。月曜から金曜に台風が来て欲しいのです。それは、学校が休みになるから。ですからいつも、「ねぇねぇ、台風は今どこ?」「まだ沖縄だよ」じ~っと待っていて「今どこ?」「もう行っちゃったよ」・・・ガッカリします。次々台風が来るのを待っていますし、大雨も同じです。待ち遠しいのです。夜に大雨が降っていて、警報がでているのを聞いて、朝ぐっすり学校が休みだと思って眠っていると、「ほら学校だよ、表は晴れているよ」なんて親から言われ、大あわてで支度をする・・・娘も同じです。う~ん、そういえば私も昔は同じだったなぁ・・・。皆さん、台風などには気をつけて。本当は怖いのですから。さいなら。

2008年9月 3日 (水)

月曜男127 手話指導アラカルト 2分22

 手話奉仕員養成講座での手話指導。いろいろ注意する点もあります。また、楽しい雰囲気作りも大切ですね。月曜男が語ります。

 やぁ、こんにちわ。全国各地で手話奉仕員養成講座の入門課程、基礎課程、と数多く開催されています。手話の技術指導も講師が熱心に教えています。受講者も講師の手話を見ているわけですが、私も「なるほど」と思ったことがあります。例えば「見る」という言葉を皆さんどう表しますか、と受講者に投げかけると、色々な表し方で反応します。「そうですね、手話ではこのように表します」、と教えれば、受講者も「そうか」と同じように表現します。受講者一人一人に「見る」「見る」と表現しながら指導を一通りして、「テレビを見る」といった文章はどう表しますか?と問いかけると、受講者は「テレビを・・見る見る見る」と「見る」を何回も表します。「ちょっと、ちょっと、見るの表現を何回もするのはどうして?」と聞けば、「だって、先生が見るの表現を何回もやったじゃん」と言われます。これは私が、講師が悪いんだ、受講者一人一人に対してちゃんと区切って表現していればよかったのだ。それをね「はい、見る、見る、見る」とやったもんで、受講者が間違えて覚えてしまったんだ。皆さんも気をつけましょう。

 さて、話は変わり、輪になって座っている受講者に手話表現をさしていきます。「はいあなた、はいあなた」と順番にやっていくと、受講者は「1、2、3、あっ、ここが私の番だ」とそこだけ必死に覚えて、あとはうち忘れてしまいます。ところが順々にさしていって、その受講者を飛び越えて次の受講者をさしたりすると、さされた受講者は自分のところを予想して備えていたのに「えっっっ!」と頭が真っ白になります。ですから、そのように順番ではなく、時々あっちへ飛ばしたり、こっちをさしたりすると受講者はみんな「いつさされるんだ」と緊張しておもしろいです。こんな風に受講者をいじめる私はダメ??でも楽しいです。皆さん、手話の勉強や技術指導はただ、かたく教えるのでなく、柔らかく、盛り上げる雰囲気を作りましょう。頑張ってください。さいならぁぁぁ。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツを貼るリスト名

  • アクセス解析

    ジオターゲティング
無料ブログはココログ