« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月27日 (水)

月曜男126 夏休みにお母さんは大変 2分5秒

 お母さんは夏休みも大変です。そんなお母さんの「実態」を月曜男が話します。

 いゃぁ、暑いね。 先だって7月の下旬、静岡県の吉田町で社会福祉協議会とあゆみの会との共催で、講演をご依頼いただきまして、ありがとうございました。 さて、皆さんの子どもたちも夏休みがそろそろ終わりに近づいていますね。9月1日の直前になって宿題を必死にやります。お母さんは「宿題終わったの?まだなの?」とガミガミ大変です。お母さんは7月に夏休みが始まってから8月の終わりまでが一番忙しいのです。イライラしたり「ほら、気をつけなさい」とか、お食事の用意も朝昼晩、献立を何にしようか思案して・・・とにかく大変。「宿題も終わったか」「お父さん、ちょっと手伝ってよ」とか、一番忙しいのです。

 そして、9月1日、子どもたちが学校へ行っちゃうと、「はぁ、疲れたぁぁぁ」。お母さん同士、メールでやりとりして、「ねぇねぇ、今度9月3日か4日あたり一緒にお食事行かない?」などと、メールが行き交います。そしてお母さんたちが集まると、皆ほっとした表情で、食事をしながら夏休み中の子どもの話しで盛り上がるのです。「うちの主人、手伝ってくれないのよ」「あら、うちなんて手伝ってくれて子どもも大喜び」などと会話が弾むことでしょう。お母さんの皆様、楽しくおしゃべりをしてストレスを解消をうまくおこなっさてください。ご家族の皆さんも楽しい夏休みの思い出を作ってください。さようなら。

2008年8月20日 (水)

月曜男125 手話漫談にいらっしゃい♪ 4分28秒

 ろう重複障害者施設建設を目指す、「ありんこの会」の活動を応援するために、月曜男が中心となって10月13日にチャリティライブを開催します。なお、会場の定員は200名。前売りチケットはお早めにどうぞ。月曜男からの呼びかけです。

チャリティライブちらし

 こんにちわ。全国の皆様、月曜男ファンの皆様、お待たせいたしました。やっと、「静岡の手話漫談会」が開かれる事が決まりました。10月13日月曜の祝日、午後2時から4時です。会場は静岡県総合社会福祉会館7階。あっ、みなさん。いい話。静岡では手話をおもしろおかしく語る人がろうあ者・健聴者問わずたくさんいます。そこから選ばれた8名ですから、すごいですよ。その中で、ろうあ者と健聴者のコンビの掛け合い問答もあり、彼らにもお願いしました。また、健聴者でも私があきれるぐらいおもしろい話しを・・・例えば、水槽で飼っている金魚がある日、浮いています。えっ、これ何?どうしたの??その話しを聞いて、大驚き・・・そこから先は黙っていましょう。そして、全通研集会や全国ろうあ者大会へ行った時の失敗談も私が聞いていて吹き出しちゃうようなおもしろい話しがたくさんです。静岡の手話漫談会実行委員会のアホ相談役、アホダトモコさん。こちらに載っていますが、このようなバッチにもなっていますが、私もいろいろと指導を受けて腕を磨いてきたのです。おもしろい話を語るのが難しくて、どうしたらいいか教わってきた、ありがたいお方です。そんな人たちが集まって・・・チケットです。このチケットの「1番」は私が買いました。申込を受け付けています。それと、このバッチ、向かって左端のは売りません。そして、販売する中の真ん中のこれ。「ありんこの里を作る会」、ろう重複者の施設作りのための資金をみんなでカンパしています。(今回の漫談は)それを応援する目的があります。皆さん、是非参加して、ご協力をよろしくお願いします。詳しくは下にチラシのリンクもあります。また、注意事項が3点あります。一つ目は、手話通訳はつきません。何故かというと、通訳を耳で聞いて見ているとイメージがずいぶん違ってしまうためです。ですから、見て、楽しんで下さい。全国手話検定試験も近づいていますね。10月の半ばでしたか。それの1級~3級に挑戦する人にはいいですよ。勉強!!というのでなく、漫談に参加して手話を見て、感心しながら勉強になります。ですから、皆さんお越し下さいね。二つ目は託児はありません。三つ目は駐車場はありません。電車や自転車、バスなどでおいで下さい。全国の皆さん、旅行に行かれる時も、例えば東京から出かけて、帰りは飛行機で東京へ戻るのではなく、名古屋へ降りて新幹線へ乗り換えて静岡へ来て、漫談の階を見てから帰ればいいですよ。ご協力を。詳しくは下のチラシに私、月曜男のFAX番号が載っています。どうぞお問い合わせ下さい。よろしくお願いします。

2008年8月13日 (水)

月曜男124 幽霊の正体 2分21秒

 夏にふさわしい話題です。怖い幽霊の正体は・・・。

  ゆうれぃぃぃぃ、のお話しです。私の家の中で冬でも夏でも関係なく起きる、怖いことがあるのです。先ず、窓などを閉めておくと、いつも開いているのです。それも「全開」ではなく、少しだけ開いているのです。気づいて閉めておくと、また開いている。それも一カ所だけでなく、あそこも、ここも・・・。次に、テレビを見ていると、突然画面が消えてしまいます。または、チャンネルが勝手にかわってしまいます。「誰だ!!」とまわりを見ても、誰もいない・・・。夜の12時頃だったりするとぞ~っとします。三つ目に、扇風機にあたっていると、これも突然止まってしまいます・・・。そして、夜寝ていると胸の上に重たいものが乗って「くっくっ、苦しぃぃ!!」。飛び起きます。また、夜、夢を見ていると、幽霊が顔をなでて・・・胸にも乗ってきて・・・目が覚めます。ある時、夜の12時頃、たまたま見たら、引き戸がス~っと開きます。私は青ざめ、心臓の鼓動も荒くなり・・・入ってきた、幽霊の正体は・・・ネコ。なぁんだ!今まで引き戸を開けたり、テレビや扇風機のリモコンを踏んづけて、スイッチが切れちゃったんだ。これはリモコンをあちこちに散らかしていた私が悪かったのです。リモコンを集めて一カ所のリモコン入れに立てておけば勝手に電源が切れることもありません。皆さんも気をつけて。本当に幽霊を見た方はいますか??実は私は2回ほどあるのです。秘密の話しですが、来年またお話ししましょう。待ってて下さい。さようなら~~。

2008年8月 6日 (水)

月曜男123 字幕映画を見る時は 2分5秒

 字幕つき映画が少しずつ増えていますが、映画館ではどこに座ればよく見えるでしょうか。月曜男が解説します。

 映画館では色々な映画がかかっています。、洋画も邦画も・・・邦画に字幕入りの映画が広まっていますね。さて、チケットを買って入場します。館内で座る場所は・・・字幕が正面向かって、右側に表示される場合、座る場所を選ぶとしたら、館内の右側、上手がいいです。画面と字幕がスムーズに見られます。左側に座ったりすると、字幕が遠くなり、双眼鏡が必要になるかも??続いて、字幕が画面の下に表示される場合、座るのは、館内の中央、真ん中付近ですね。混雑していて、前の方に座ったりすると、上を向いて字幕を追わなければならず、首が痛くなってしまいます。ですから、上映前の早い時間に行って席を確保するのがいいでしょう。続いて、画面の左に字幕が出る場合、これはあまりないです。ですから多くの場合座る場所は館内上手の中央あたりがいいです。また、後ろの方に座るのも楽です。自宅で字幕入りテレビを見るのと同じ感覚です。皆さん、映画を楽しんで下さい。では、さようなら。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツを貼るリスト名

  • アクセス解析

    ジオターゲティング
無料ブログはココログ