« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月26日 (火)

月曜男 一人暮らし 2分14秒

大きい画面はこちら

 若いとき、誰もがあこがれる「一人暮らし」。月曜男が体験を交えて語ります。

 日本語訳

 ただいまー。お母さんはいない、誰もいない。そっか、今一人暮らしをはじめたばかりだった。嬉しいなぁ。前に両親と同居していたときは「掃除をしなさい」など、いつも小言をいわれてうるさかったけど今はのんびりできるなぁ。毎日、自分で料理、洗濯、掃除をします。洗濯は干して畳んで、タンスにしまってと。何だか、だんだん面倒になってきたな・・・干してあるのをそのまま着ていこう、あ、残り1枚か、んじゃ洗濯して・・・の繰り返し。
 友達が家に集まるときは、慌てて掃除して散らかっているものを全部クローゼットに入れてから招きます。彼女が遊びにくる時は事前に日程などが決まったら、さぁ、今日は午後1時から姉さんかぶりをしてマスクをつけて掃除をするぞ!掃いて、叩いて、部屋の隅っこなんかゴミをほじくり出して、窓も拭いて、汗をびっしょりかいてようやく終わったのは午後6時。家中ピカピカになり、よしよし、明日の朝が楽しみ。
 翌朝、彼女からFAXが。「緊急の用事ができて行けなくなりました。ごめんなさい。って、えぇ~!!!!グサッ。彼女にふられるよりも昨日5時間もかけて汗を流しながら掃除したのに水の泡になったことの方がショック。
 一人暮らしをしているみなさん、毎日掃除する習慣をつけましょう。

2006年9月19日 (火)

月曜男 スポーツの思い出 1分44秒

大きい画面はこちら

 秋は「スポーツの秋」でもあります。スポーツにまつわる思い出を月曜男が語ります。

 日本語訳

 イッチニ、イッチニ、気をつけ!ラジオ体操・・・そう、運動会の季節ですね。そこかしこで見る事ができます。
 私も娘と息子の運動会に行ってきました。かけっこを大勢の観客の中、子ども達が一生懸命し走っています。また棒のぼりをしたり玉入れをしたり。見ていると、今の体操着は肩やズボンに3本ラインが入っていたりして、かっこいいですね。素材も丈夫で引っ張っても、なかなか破れない服です。それを見ていると昔を思い出します。
 一昔前の体操ズボンは白でしたよね。股が裂けやすく、ちょっと引っかけただけで切れたりしました。そんなこと覚えていますか?以前友達に、おい相撲をやろう、と誘い、本当はすぐに負かせる相手でもすぐに投げ飛ばすのではなく、相手のズボンの端を持って組み、右へ左へと揺さぶりをかけながら、じわりじわりとズボンを両手で引っ張り、体操ズボンの股を裂かせます。頃合いを見て最後に投げ飛ばすします。どんなもんだい!負けた友達が悔しい思いで立ち上がの、イテテと足を引きずって歩くと、周囲の視線が集中・・・何何? 俺・・・? 視線の先に目をやると、なんとっズボンのお尻が裂けているではありませんか! 慌てて退散し、自分で裂けたズボンを縫い合わすはめに・・・。懐かしい思い出です。
 今、私の息子を呼んで同じことをやろうとしてもムリです。今は体操服も立派になったんですね。
 それでは!

2006年9月15日 (金)

奈良へドライブ 1分35秒

大きい画面はこちら

 日々勉学に励む大学生、田中さんが語ります。

 日本語訳

 私は田中美紀と申します。よろしくお願いします。
 私は運転免許を取って二年になります。その二年間でろうの友達と一緒に新潟や仙台、福島、山梨とかあちこち、関東の北の方によく行っていました。私は車の運転が下手ですけど何とかトラブルはありませんでした。今回、久しぶりに初めて奈良へ、関西へ行きました。試しに友達の車を運転してみました。その時、車が合流する場面で私が左の道から本線に入ろうとして右側のウインカーを点けながら車が切れるのを待っていますが、車が次々にビュンビュン走っていきます。私はウインカーを点けながら待っています。本線に合流したいのですが、隣に乗っている友人は「早く行け行け」と言いますが、私は安全運転、自分が運転手なんだから、と言いながらもヒヤヒヤものです。関西人は性格としてよくしゃべり、言い方もすごいですが、運転術もすごい。私なんか何も言えないぐらい・・・引いちゃいます。私は関西にるときだけ、「自分は静岡県人なんだな~」と思います。

2006年9月12日 (火)

月曜男 カメラの失敗談 2分22秒

大きい画面はこちら

 行楽のシーズン到来です。旅行の記念は何と言っても写真。でもカメラも使い方を間違えると・・・。

 日本語訳

 おっ、立派な塔だ。よし、ヒントを合わせて・・・パシャッ。おっ、こちらは山に金閣寺が、パシャッ。ん~満足。ても今は携帯を取り出して親指で、パチッ。そのままメールを送ったりして、便利ですよね。以前はカメラを抱え、重いバックを両手に持って、必要に応じてレンズをかえて望遠にしたり・・・。
 修学旅行に行った時、友人の失敗談が色々ありますが、二つ面白い話を紹介しましょう。
 ひとつは、フィルムの入れ方ですが、昔は裏カバーをあけてフィルムケースをいれ、フィルムを伸ばしてフィルム送りに合わせて巻きつけていきますよね。友人は、写真をとり終わり旅行から帰ってきた後、カメラ屋にフィルムを出して三日後にうけとり写真を見てみました。そしたら写真がありません。ネガを見ると全部真っ白で最後に黒い丸がひとつ。これはフィルムを入れたとき、最初の巻取りがされてなかったんですね。それであちこち撮ってもフィムルムは動かなかったんです。遠いところにわざわざ行って、すばらしい写真を撮ってきたのに・・・パー。あ~ぁ。
 二つ目の話しは写真を全部撮り終わった後、カメラの下のボタンを押してフィルムを巻き取りますよね。でも友人は新しいカメラを買ったばかり。それで巻き取ろうとしたら動かず、わからないので無理やりやったらフィルムが切れてしまいました。それで彼はどうしたかというと、旅館に戻ってトイレに入り真っ暗な中でフィルムを巻き取ったのです。そのとき私が知らずにトイレに行き、電気をつけて入ったんですね。そうしたらえらい剣幕で怒られました。「おまえ、電気を点けやがって・・・」。彼は友人に電気を点けるな、と言っていたのですが、私が知らずに入って電気点けちゃったんですね。様子を見たらカメラの裏ふたをあけていたところに電気があたっちゃったんです。もう全部パー。しかたないですね。
 でも、今は大丈夫。携帯でパシャパシャ。いい写真が撮れます。それでは。

2006年9月10日 (日)

私のろうあ運動 1分46秒

大きい画面はこちら

 静岡県小笠ろうあ協会、赤堀さんが語ります。

 日本語訳

 私は赤堀角二です。よろしくお願いします。
 私は小笠ろうあ協会の役員じゃない・・・池中会長の時からいつも喫茶店とか洋裁の店にしょっちゅう遊びに行っていました。池中会長から怒られていたんですね。何故かといいますと「役員になることが必要だろう」と言われ、私も本当だ必要だ、と決心しました。それから小笠ろうあ協会の役員選ばれ、監事の仕事をしました。長い間、監事や壮年部長、総務や会計などの仕事を続けてきました。今は体育部長として四期やっています。県の理事としても体育部長として選ばれました。今二期続けています。全国ろうあ者体育大会などの申し込み募集が一番大変です。て゜もこれからもがんばってやります。

2006年9月 6日 (水)

月曜男 私は理容マン 2分03秒

大きい画面はこちら

 月曜男のお仕事は?ご自身が語ります。

 日本語訳

 チョキチョキチョキ・・・・やぁ、私は月曜男。月曜が休みの仕事は何だかわかりますか?
 月曜が休みといえば床屋さん、それが私の仕事です。
 「全国ろう理容師連盟」があります。宮城から福岡まで会員がいますが、できれば北海道から九州、沖縄まで・・・沖縄、いるかな、いれば全員が集まって盛大な大会を開きたいです。皆様、ご協力をお願いいたします。
 さて、私の理容の腕前も以前、若い時には店内の掃除をしたり、「いらっしゃいませ」とお客さんをお迎えしたりする中で、顔面を剃るカミソリの使い方の基本を教わりました。が、手は震えるし心臓はバクバクでカミソリを持つ手はなおさら震える有様。「こら!肌をぐっと指でつっぱらせるのが基本だよ。それでカミソリを持つ手は軽く剃っていくのさ」なるほど、そうすれば痛くないのです。逆に肌をつっぱらないでカミソリを当てれば、これは痛いですよね。そうやって顔を剃ります。
 眉のところを剃るには、同じようにぐっと指でつっぱって剃りはじめるとお客様は「痛い、痛い」・・・そりゃそうです。つっぱったお陰で目の玉が横のほうにズレたりしますから。すみません。先輩どうするんですか?指で軽く肌を張らしてカミソリを持つ手もさらに軽い感じで・・・といったように腕を磨いて技術を高めてきました。
 今勉強が一番難しいんです。注文されるカットも普通じゃなく、後ろから手を入れて切ったり、頭を抱えるようにしなければならなかったり、逆側から抱えあげてアクロバットのように・・・うそうそ、これは冗談ですが。とにかくこれからもがんばる!!サイナラ

2006年9月 3日 (日)

情報センターへ実習に来て 2分25秒

大きい画面はこちら

 先週まで当センターに実習に来ていた萩原さんが語ります。収録は実習最終日のものです。

 日本語訳

みなさんこんにちは。萩原永梨と申します。よろしくお願い致します。
手話ネームは頭の上で花を咲かせる感じで表します。
いつも花をつけているので、このような手話ネームになりました。
出身は静岡です。
今は学生で、埼玉にある国リハ(正式には「国立身体障害者リハビリテーションセン
ター学院」)という学校で手話を勉強しています。
夏休みに、5日間の施設実習があり、今こちらの情報センターにお世話になっていま
す。
5日間はあっという間で、もう最終日になってしまいました。
実習は本当にいろいろなことがありました。
中でも1番印象に残っているのは、昼食のことです。
とても珍しい食べ物がありました。
1つは「馬」です。馬といっても普通の肉ではなく、「たてがみ」の部分です!白い肉が置かれていて、迷った挙句、一口食べてみました。・・・油っぽく、私は苦手な味でした。
もう1つは「猪カレー」です!カレーに猪の肉が入っているのです。
猪の肉は、臭いがきつかったり、硬くて噛み切れないほどかと思っていましたが、実際はやわらかくてにおいも気になりませんでした。
かといって、静岡の人がみんな「馬」や「猪」をいつも食べてるわけではありませんよ。

実習は本当にいろいろな経験をすることが出来て、とても勉強になりました。
静岡県情報センターの皆様、また聴覚障害者協会の皆様、どうもありがとうございました。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツを貼るリスト名

  • アクセス解析

    ジオターゲティング
無料ブログはココログ